• 2020年1月23日
  • 2020年1月23日

関係人口の入り口に最適。中小企業の業務改善を副業で!「クラウドワークス業務改善プログラム」開始

これは都市圏の中年サラリーマンにとってなかなか面白いサービスがスタートしました。私も登録してみようかなと考えてしまいます。 労働市場のミスマッチを無くし、アップデートする事業を展開する株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長CEO […]

  • 2020年1月22日
  • 2020年1月21日

大阪梅田にシェアオフィス「billage OSAKA 大阪駅前第1ビル」が開設。新規入居者募集開始

レンタルオフィス・コワーキングスペースの企画運営を行う株式会社MJE(本社:大阪市中央区、代表取締役:大知昌幸)が、間口ジェネラルサービス株式会社(本社:大阪市港区、代表取締役:川田宏行)とパートナー契約を締結し、2020年4月にレンタルオフィス「b […]

  • 2020年1月21日
  • 2020年1月21日

「関係人口」って英語でなんて言うの?

こんにちはあみじょんです。 今回は「関係人口」という概念を英語で何と言えば適切なのかを考えてみたいと思います。 ちなみに2020年1月時点で、パシッと定義されている英語は見つけられませんでした。 ので、近い概念を参考にしながら「こういえば伝わるのでは […]

  • 2020年1月20日
  • 2020年1月21日

「関係人口」と「交流人口」の違いは何?(瀬戸内の関係人口である僕ナリの3つの視点)

世の一般概念としての「関係人口」と「交流人口」の違い まず、「交流人口」については、ほぼ「観光客」「一見さん」といった意味で確定だと思います。この点にあまり議論は起きていないように思います。 一方で「関係人口」の定義は本当に様々な議論がある状況だと思 […]

  • 2020年1月18日
  • 2020年1月18日

南九州移住ドラフト会議が面白い!(移住は必須ではありません)

南九州で、「関係人口」を増やす面白い取り組みを見つけました。 その名も「南九州移住ドラフト会議」 移住者を受け入れたい地域=「球団」と移住志望者=「選手」が互いにプレゼンを行い、地域が移住志望者を指名する。 そう、これは、プロ野球のドラフト会議に見立 […]

  • 2020年1月17日
  • 2020年1月17日

『都市と地方をかきまぜる~「食べる通信」の奇跡~』苦しいのは地方だけじゃない。都市住民こそ行き詰っている。

都市と地方をかきまぜる~「食べる通信」の奇跡~ 高橋博之 著 光文社 2016年8月 地方創生を「苦しい地方をなんとかする」という観点だけでなく、「行き詰っている都市も救済する」という新たな気づき 「地方創生」の問題点は、人口減少・高齢化にあえぎ、消 […]

  • 2020年1月16日
  • 2020年1月17日

定額制の航空券?!ANAが月額3万円で国内月2往復の実証実験開始。これは、朗報?「関係人口」の僕ら目線で検証する!

ANAホールディングスと、月額制で全国の家に自由に住める多拠点ライフプラットフォームを展開するアドレスが連携して、多拠点生活推進を図り、地域活性化を目的とした航空券定額制サービスの実証実験を開始するとのこと。 地方で「関係人口」として副業している僕な […]

  • 2020年1月16日
  • 2020年1月16日

地方やふるさとで副業/兼業するためのたった2つのアクション

こんにちは。あみじょんです。ご来訪ありがとうございます。 「地方やふるさとに帰郷やUターン移住はできないが、何らかの形で貢献できないだろうか?」 「せっかく副業するのであれば、感謝され、日本のためになる活動がしたい」 「その具体的な方法が知りたい」 […]

  • 2020年1月12日
  • 2020年1月11日

えちごトキめき鉄道妙高高原駅にコワーキングスペースを20年2月に開設

こんにちは。あみじょんです。 控え目に言って、大失敗確定だと思いました。笑 タイトルだけ見てそう思われた方は、僕と同じですが、以下のトキめき鉄道社長の鳥塚さんのブログを一読ください。 日本全国共通の現象ですが、昔々、駅が賑やかだった頃は町も元気だった […]

  • 2020年1月11日
  • 2020年1月15日

地方で副業・兼業する場合の交通費支援が開始!!(これは朗報)

2020年度より、地方で副業・兼業する場合、国/地方自治体が交通費の支援を行うとの報道が日経新聞から出ました。これは朗報です。やはり交通費が最大のネックなのは間違いありません。 私の場合も月に2往復もすれば、その月のお給料はすべて無くなってしまいます […]