定額制の航空券?!ANAが月額3万円で国内月2往復の実証実験開始。これは、朗報?「関係人口」の僕ら目線で検証する!

ANAホールディングスと、月額制で全国の家に自由に住める多拠点ライフプラットフォームを展開するアドレスが連携して、多拠点生活推進を図り、地域活性化を目的とした航空券定額制サービスの実証実験を開始するとのこと。

地方で「関係人口」として副業している僕なりにこの記事を読み解いてみたいと思います。

これは飛行機のサブスクなのか!?

一部の報道では「定額で飛行機に乗れる」=サブスクといった報道もありますが、あくまで3万円/月で2往復ですので、「定額で乗り放題」というわけではありません。

で、よくよく考えてみると・・国内2往復で3万円は実はそこまで安くないと思います。

確かに普通に航空券を買うと、国内ですと概ね往復3万円ぐらいするので、そこと比較するとお得です。

でも、色々なキャンペーンがありますよね。で、実は僕も使っているのですが、今以下のようなキャンペーンがあります。

空席の多い国内線については、片道たったの3,000マイルで飛行機に乗れるキャンペーンをしています。

ANA公式サイト

今週のトクたびマイルでは対象期間中、対象路線の中から通常のマイル数より少ないマイルでANA国内線特典航空券がご利用いただ…

1マイルは概ね2円と言われていますので、時期によりますが、往復1万円ちょっと程度で往復できますね。

残念ながらANAが本気とは思えない・・

残念ながら、本気でこれをビジネスにしていく気は感じられない・・

あくまで、空席が多い路線を埋める方策の一つであり、2往復であれば、今回の発表より安く乗れる公式な方法がある状況です。

ちなみに共同プレスの「ADDress」とは?!日本全国に「定額」で住み放題できる「関係人口」向けサービス!

こちらの会社は本気で面白いことを考えています!

こちらは純粋に「 月額制で全国の家に自由に住める多拠点ライフプラットフォーム」というコンセプトで19年に何度もメディアにも登場しています。

佐別当隆志社長 のインタビューが以下に掲載されています。

日経クロストレンド

さまざまな交通手段を統合して次世代の移動サービスを生み出す「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」。MaaS実現の…

シェアエコノミーの伝道師とのことですね。JRからも出資を受けているようです。JRともサブスク的なサービスをそのうち発表してくれることを期待したいと思います。

全国を自由気ままに移動できて好きな場所に好きなだけ滞在できる「関係人口」の未来

とはいえ、僕は「関係人口」という言葉の一つの形として今回の実証実験は非常に楽しみです。

ビジネスとして成り立たせるのはなかなか難しいかもしれませんが、飛行機も列車も必ず空席はありますので、うまく需給調整できる仕掛けを考えてくれることを期待したいと思います。

都市圏の中年サラリーマンのこれからの人生100年時代、これまでのように会社に頼り切り、たまの休みに「旅行する」という生き方も限界があると思います。

地域に「長め」に滞在できるとすれば、それは地域とのつながり、人とのつながりを生み出す可能性を高めると思います。

ANA/JRとこのアドレスの組み合わせでなんとか、新しいビジネスモデルにつなげてもらいたいと思います。

「関係人口」として地方で副業をすることで「成長」と「感謝」と「副収入」を手に入れる生き方を提唱しています。ご参考にしてください。

関連記事

こんにちは、あみじょんです。来訪ありがとうございます。 「関係人口」について調べていらっしゃいますか?はたまた、具体的にどこかの地域の関係人口として、まさにその一歩を踏み出されようとしているのかもしれません。 「関係人口って、ど[…]

最新情報をチェックしよう!