関係人口プラットフォーム「flato」が『フラット住』の1か月無料体験者を3月4日より募集開始

株式会社FromTo (本社: 東京都新宿区、代表取締役:宮城 浩、以下FromTo) は、2020/6/1(月)~6/30(火)の日程で『ふらっと住(じゅう)』の無料体験キャンペーン企画を実施し、3/4(水)17:00より体験者の募集を開始するとのこと。

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES

株式会社FromToのプレスリリース(2020年3月2日 17時00分)FromTo、『ふらっと住』1か月無料体験者を3…

■キャンペーン概要
◆募集期間:2020/3/4(水) 〜 2020/3/11(水)
◆場所:静岡県浜松市
◆滞在期間:2020/6/1(月) ~ 2020/6/30(火)
◆ふらっと住の居住先:365BASE OUTDOOR HOSTEL
◆居住費:弊社全額負担
◆応募方法:以下URLよりご案内
https://flato.jp/media/event/notice-20200304campaign/?utm_source=pr&utm_medium=url&utm_campaign=20200304campaign
※本リリース前のふるさと開拓サービス「flato」無料体験付き

関係人口として地域で「暮らす」

本キャンペーンは、ふるさと開拓マガジン「ふらっと」が提供するキャンペーン。浜松市の「365 BASE OUTDOOR HOSTEL」という施設に1か月滞在できるとのこと。

地域に「移住する」となると、それまでの生活の基盤を捨てて、新たな世界に飛び込む決断をしなければなりませんが、「関係人口」として程よい距離感でつながることができれば、今の生活とパラレルで新しい「ふるさと」を作ることができますね。

私としては、住むところももちろんですが、やはり「仕事」も欲しいですね。

お金を稼ぐという意味だけでなく、その地域で「責任」を持ち「生産」に寄与するような活動という意味です。

このように「住む」をシェアするサービスがどんどん出てきているので、これからの展開が楽しみです。

最新情報をチェックしよう!