ふるさと副業・兼業を促進する、新サービス 「求人ステーション」を提供開始。フリーランス協会。

自分の名前で仕事をしたい人のための非営利支援団体一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が、副業・兼業・フリーランス人材の一括問合せサービス「求人ステーション」https://www.freelance-jp.org/kyujin_station)を提供開始とのこと。

フリーランス協会/求人ステーション

フリーランス向けサービスの利用促進・新規事業開発やプロジェクト参加、ネットワークの強化、 CSR・ブランディング、タイア…

業務委託人材を無料で気軽に探せる。

求人ステーションは、業務委託人材をお探しの企業が、無料で気軽に使える一括問合せ窓口です。首都圏の大手企業やスタートアップを始めとして、全国の企業にご利用いただけます。外部人材活用に関するご質問やご相談を、非営利団体の中立的な立場でサポートし、多種多様なマッチング事業者の中から最適な人材と出会える事業者へと繋ぎます。

関係人口案内サービスをワンストップに、中立の立場で相談できる。

僕も以前以下の記事にまとめていますが、関係人口として地方で仕事をする副業案内サービスは複数あります。

地方の企業の方からすれば、ひとつひとつのサイトへ問い合わせ(または出稿し)人材を探すのは、確かに手間。

そのあたりをフリーランス協会が仲介してくれるサービスのようです。

無料で利用できる、ということなので相談のハードルは低いのではないでしょうか?

サービス開始したばかりなので、実際どのような形になるのかはまだわかりませんが、地方の起業にとって、都市圏の人材を活用する間口が広がりますね。

最新情報をチェックしよう!